物置で書道具が見つかったら買取してもらえるの?

書道具の買取相場やおすすめ買取業者を紹介します。

実家の掃除などで硯や筆などの書道具が見つかった場合、どうすればよいか気になりませんか?

子供が小学生に使っていたような習字セットであれば処分しても問題ありませんが、骨董品に見える書道具であれば絶対に買取依頼するべきです。

一見、汚れて見える「筆」や「硯」、「墨」であってもアンティークとしての価値が見込めれば10万円以上の高価買取も期待できるからです!

注意する点として、価値がなさそうに見えても素人判断で処分するのではなく、必ず一度は専門家に査定してもらいましょう。

実際に書道具がどれくらいの価格で売れるのか買取相場例を紹介していきます

その後に、書道具の査定においてもおすすめ買取業者も紹介していきますので参考にしてください。

書道具の買取実価格一覧表

画像 / 品名 種類 買取相場
端渓硯

端渓硯

120000円
| 
150000円
古墨

古墨

鉄瓶 10000円
| 
20000円
双龍文様木彫文鎮

双龍文様木彫文鎮

文鎮 20000円
| 
30000円
花鳥文様青磁硯屏

花鳥文様青磁硯屏

硯屏 40000円
| 
60000円

後述にもしていますが、書道具には様々な種類がありますが高く売れやすい傾向にあるのが「硯」です。

書道と言えば「筆」を思い浮かべるかもしれませんが、筆は消耗品という扱いなので骨董品としての価値は残りづらくなっているのです。

一方で、硯は消耗品ではなく使い込むほどに味が出てくることから骨董品としての価値が高まりやすい傾向にあるのです。

ですが、上記でも紹介しているように、硯以外の書道具であっても高い価値がある可能性が十分にありますので、処分する前に一度は買取業者に相談して価値を明らかにすることを忘れないようにしましょう。

高く売れる書道具の特徴

高く売れる翡翠製品か判断する特徴は主に次の3点です

  • 落款やサイン
  • 落款やサイン
  • 素材を確認
  • 素材が何か
  • 共箱にしまわれているか
  • 共箱にしまわれている
  • 中国の書道具かどうか
  • 中国の書道具かどうか

高く売れる小道具か確認するならば上記のポイントに注目してみましょう。

まず、書道具の種類に限らずによる作家物であれば高い価値が期待できるので、落款やサインの有無を確認しましょう。

そして、次に大切なのは素材です。

翡翠や象牙と言った特殊な素材が使用されている書道具は高い傾向にあり、木材や石材でも有名な産地の書道具は高く売れる傾向にあります。

共箱とは書道具をしまっている箱の事ですが、高価な作品は共箱にしまわれて保管される傾向にあります。

そして、書道に関する文化は中国の方が歴史が長く、文房四宝という呼称があるように、日本よりも中国で造られた書道具の方が高く売れる傾向にあります。

書道具は種類ごとにも価値を判断するポイントがありますので、とりあえずは上記を確認すれば価値が高い書道具かどうかの判断はある程度可能です。

ただし、正確な価値は相場観や取引事例を知らなければ絶対に算出できないので、正確に価値を知りたければ次のおすすめ骨董品買取業者の無料査定サービスを利用することをおすすめします。

書道具の買取でおすすめの買取業者はこちら!

当サイトでおすすめしているおすすめの書道具買取業者を紹介します。

ここで紹介している2社は無料相談・査定が可能でありながら、対応・買取価格も優れているので、気になる場合はとりあえず相談してみることをおすすめします

  1. 日晃堂

    【日晃堂】骨董品買取データ早見表

    • 骨董品の買取価格
    • スタッフの対応
    • 業者としての信頼性
    • 口コミ・評判

    書道具買取でおすすめの買取業者は「日晃堂」です。

    日晃堂は中国骨董品の買取でもおすすめでしたが、鑑定の難しい書道具の買取でもおすすめの買取業者です。

    骨董品の中でも書道具は鑑定が難しく、積極的に買取している骨董品買取業者も少ない事から、買取業者の選択がとても大切です。

    骨董品の買取において専門性が非常に高く、専門の鑑定士が揃っている事からこそ日晃堂では書道具の高価買取を可能としています

    査定・鑑定に至るまでスタッフ対応もとても良いので、書道具を中心に買取を検討している方にとっては非常におすすめの買取業者です。

  2. 骨董品買取福ちゃん

    【福ちゃん】骨董品買取データ早見表

    • 骨董品の買取価格
    • スタッフの対応
    • 業者としての信頼性
    • 口コミ・評判

    書道具買取で次点でおすすめの買取業者は「福ちゃん」です。

    福ちゃんは骨董品買取でも総合的に買取価格が良いとおすすめした買取業者ですが、書道具の買取では日晃堂に次いで高い買取価格でした。

    但し、書道具の買取価格はタイミングや品物によっては福ちゃんの方が高く買取してもらえる可能性もある為、より高く書道具を売るのであれば福ちゃんと日晃堂で相見積もりをとる事をおすすめします。

    福ちゃんは買取実績数も600万点以上と非常に豊富で、スタッフ対応も優れているので初めての方でも安心してサービスの利用が可能です。

    無料相談や無料査定も受け付けていますので、気になる書道具について相談するにも非常におすすめです!

書道具の種類一覧

書道具には様々な種類がありますが、骨董品買取業者が買取している主な種類について一覧で紹介します。

硯(すずり)

硯(すずり)

「硯」とは文房四宝の一つに数えられる書道具で、墨を磨る際に使用される器です。他の書道具と比べても硯は消耗品ではなく、使い込むほど味が出てくることが多くの文人に好まれていました。骨董品としての価値も書道具の中では最も高く、有名な硯でいうと「端渓硯「歙州硯」といった【唐硯四宝】が挙げられます。

筆

「筆」とは文房四宝の一つに数えられる書道具で、文字を書く為にも欠かせない道具です。書道具の中でも最も重要な位置づけにあるため「筆」が書道具の中でも高いと思われがちですが、筆は新しくないと実用性がなくなる消耗品である為、意外と骨董品としての価値は低くなっています。

墨(すみ)

墨(すみ)

「墨」とは文房四宝の一つに数えられる書道具で、硯で水に磨りおろして使用されます。現在では墨汁で代用されますが、骨董品においては固形の墨を指します。「墨が高く売れるの?」と思うかもしれませんが、古い時代の墨は「古墨(こぼく)」と呼ばれ高価買取対象です。有名どころでいうと「乾隆御墨」がなんでも鑑定団で500万円という高い評価額がつきました。

紙

「紙」とは文房四宝の一つに数えられる書道具で、「全紙」や「半紙」と言えばピンとくるのではないでしょうか?「紙はさすがに買取できないだろう」と思われるかもしれませんが、実は紙の種類や質もピンキリで高価な種類は買取対象となっています。もしも、物置に大切にしまわれた古い紙が見つかれば、高く売れる紙の可能性があります。

文鎮

文鎮

文鎮とは書道において紙をおさえるための重りの事で、現在も高価な文鎮は流通しています。文鎮は書道具の中でも消耗品ではなく、置物としての側面もあるため骨董品としての価値も期待できます。彫りが精巧な文鎮や古銅で造られた文鎮などは高価買取が期待できます。

水滴

水滴

水滴とは硯に差す水を入れておく容器の事で、別名「水差し」とも呼ばれます。水滴に関しても文鎮と同様に消耗品ではなく、置物としての側面もある為、骨董品としての価値が十分に期待できます。陶器製の置物のように精巧に作られていれば、骨董品としても高価買取が期待できるでしょう。

硯屏(けんびょう)

硯屏(けんびょう)

「硯屏」とは硯の中に埃が入らない為に置かれる、画像のような小さな衝立(ついたて)の事です。あまり聞き覚えがない書道具ですので、高い価値がないと思われるかもしれませんが、文鎮や水滴同様に消耗品ではなく置物としての側面もある為、意外かもしれませんが骨董品としての価値が期待できるます。

書道具を見つけて悩んでいるのであれば

書道具を見つけて悩んでいるのであれば

「書道具を見つけてどうしよう・・・」そう考えられているのであれば、上記でも紹介しているおすすめ買取業者にとりあえず相談することをおすすめします。

子供用の習字セットでなければ書道具は価値のある可能性が十分にあり、骨董品買取業者も価値が分からなければ処分の前に相談する事を推奨しているからです。

現在であればも無料相談が可能ですし、WEB査定といった便利なサービスも活用できるので、専門家である買取業者への相談も手軽に行えます。

骨董品の価値を知らずに処分する事は非常にもったいないので、気になる書道具が手元にある場合は遠慮なく買取業者に相談して価値を明らかにすることから始めていきましょう!

ページ上部へスライドする